2017年 SFC修行解脱!やったぜ50,000PP!関西発!

単身赴任で富山在住ですがSFC取得の為夜な夜な関西に帰郷し飛んでます!

■SFC解脱後初搭乗記③!United特典航空券で飛ぶラウンジめぐりの旅。小松発!

f:id:a3971625:20170913113218j:plain

( ↑ 鹿児島空港サクララウンジ入り口 特に意味はありません)

 

ども、Ryuです。

2017年9月2日

前回の続きです。

小松⇒羽田⇒鹿児島⇒名古屋鹿児島⇒名古屋までの搭乗記です。

 

焼酎がとても熱かったカードラウンジを満喫した後はさーっ!ANAラウンジへGo!

(まだ飲みますよ!)

軽くしか昼飯食べてませんのでなんか黒豚シャーシューラーメンとか聞いたことない

ラーメンですが気になります。

さつま揚げもさっき食べておいしかったので気になります・・・

(でも何も買ってませんけど・・・)

f:id:a3971625:20170913113250j:plain

f:id:a3971625:20170908114955j:plain

 

土曜ですが15時頃とあってなのか羽田便が直近にないのかなのか保安検査場は空いています。

プレミアムなレーンは無いですが4か所解放されておりスイスイ行けました。

空港全体もそうですがこの検査場も地方空港にしては広い。

検査場はぶっちゃけセントレア並の広さはあると思います。

f:id:a3971625:20170913113459j:plain

 

保安検査場を抜けると右がJALエリア、左がANAエリアとなっています。

f:id:a3971625:20170913113643j:plain

 

なので左へ進むとANAブルー が見えます。

f:id:a3971625:20170913113717j:plain

 

 

白い立て看板ですが内容は

ANAラウンジ内に喫煙場所が無くなりました。ちょっと離れていますが喫煙はそっちで

お願いします。

的な内容です。

私は煙草を吸わないので良いですが分煙され喫煙場所は確保してあげたい派です。

f:id:a3971625:20170913113740j:plain

 

 PC席のように見えますが・・・誰一人PCを出している人はいません。

f:id:a3971625:20170913113930j:plain

 

一人用のソファー席。

まあほとんどがこのタイプでしたね~

f:id:a3971625:20170913114342j:plain

 

 結構こじんまりとしています。

f:id:a3971625:20170913114012j:plain

 

 奥の方には一部二人掛けのソファーもありました。

f:id:a3971625:20170913114032j:plain

 

う~ん・・・なんでしょうか?

オブジェ?名産?なのかよくわかりません。

f:id:a3971625:20170913114121j:plain

 

アート?ですかね~

f:id:a3971625:20170913114140j:plain

 

雑誌と新聞類です。

富山でメジャーな新聞は北日本新聞なんです。ここには南日本新聞って言うのがありました。

f:id:a3971625:20170913114213j:plain

 

冷蔵庫、ソフトドリンクサーバーにビールサーバー。

ビールはあさひスーパードライ1銘柄です。

f:id:a3971625:20170913114158j:plain

 

芋焼酎も1銘柄でした。

カードラウンジ菜の花が3銘柄で優雅だったので見劣りします。

あてもみっくすおつまみだけなので明らかにカードラウンジで長居した方が

居心地良かったですわ~。

まあANAラウンジ訪問記なのでそれはそれとして。

f:id:a3971625:20170913114418j:plain

 

焼酎はめっちゃ飲んだのでここはビールで!

f:id:a3971625:20170913114438j:plain

 

 まあこうなりますはなぁ~

f:id:a3971625:20170913114455j:plain

 

小一時間ANAラウンジを堪能して搭乗口へ

ANAラウンジの目の前は6番ゲートなのでその左の5番ゲートへ

f:id:a3971625:20170913114529j:plain

 

折角なので優先搭乗をします。

ダイヤモンドはいませんでした。

ボンバルディアDHC-Q400

プロペラ機です。

速度も650km/hと従来のYSなんかと比べると格段に速いです。

翼も機体上部に装着されているので窓視界が良好です。

乗り口は低いのでボーディングゲートを出てやや階段を下りての搭乗となりました。

f:id:a3971625:20170913114558j:plain

  

全74席。

当然プレミアムシートはありません。

JRの特急列車みたいな感じです。

f:id:a3971625:20170913114652j:plain

 

乗車率は80%程度。

やはり圧迫感があります。

ドリンクサービスは希望者のみ(お茶だけだったような・・・)f:id:a3971625:20170913114709j:plain

 

久々に乗るプロペラ機。

ちょっと高まります。

f:id:a3971625:20170913114725j:plain

 

生意気にWi-Fi対応の機材でした。

今日3便目で初Wi-Fi搭載機です。

f:id:a3971625:20170913114744j:plain

 

これ初めてみましたが着陸時にタイヤが滑走路に着く瞬間が見れたのが何か感動しました。

ボンバルディアならではの光景なんでしょう!

f:id:a3971625:20170913114811j:plain

 

予想はしていましたが名古屋セントレアでは沖止め~

こんなちっこい飛行機通常のゲートでは背が足りませんしね~

f:id:a3971625:20170913114831j:plain

 

その変わり飛行機の外に出られたのでプロペラがはっきり確認でき写真にも納められました。

これはこれで良い経験でした。

f:id:a3971625:20170913114902j:plain

 

中部国際空港(通称セントレア)

国際線と国内線は同じ建屋ですがきれいな全面ガラス張りの外観が近代的な感じがして

良かったです。

f:id:a3971625:20170913115024j:plain

 

セントレアは右半分が国内線エリア、左が国際線エリアとなっています。

しかしチェックインカウンターはやや国際線の方が多くなっていました。

本日は名古屋で宿伯なんですが到着便利用のカードラウンジの体験もしようと

思います。

カードラウンジは3F出発ロビーにありますので3Fへ上がって下の赤〇エリア

に行きます。

f:id:a3971625:20170913115808j:plain

 

3Fの中央通路です。

前方のスカイタウンへ行くエスカレーターの右横をグングン進みます。

f:id:a3971625:20170913115835j:plain

 

すると右手に3か所カードラウンジが見えます。

f:id:a3971625:20170913115915j:plain

  

奥から

第2プレミアムラウンジセントレア

クオリアラウンジ

プレミアムラウンジセントレア

です。

プレミアムラウンジセントレアと第2は対象ゴールドカードが異なりますので

受付に行く前によく確認しておくべきです。(受付が混むので迷惑にならないように)

ちなみにANAワイドゴールドの人はプレミアムラウンジセントレアが利用可能です。

f:id:a3971625:20170913115942j:plain

 

第2プレミアムラウンジセントレア

下記のゴールドカードをお持ちの方。

珍しいのはカードを持っていなくても1,540円払えば一人でも入れるそうです。

ビール飲み放題なので5杯も飲めれば元以上取れるでしょう!

f:id:a3971625:20170913120002j:plain

 

クオリアラウンジ

f:id:a3971625:20170913120027j:plain

 

レクサスカード、TS CUBIC CARDゴールドのみ利用できます。

まあTOYOTAなどの車関連のお仕事でもしていない限り作らないカードなんですかね~

軽食があるそうです。(見れないですが・・・)

f:id:a3971625:20170913120055j:plain

 

最後に一番手前のラウンジでプレミアムラウンジセントレア

ANAワイドゴールドやAMEXの人はここが利用できます。

f:id:a3971625:20170913120125j:plain

セントレアのカードラウンジはどのラウンジもビール飲み放題の珍しいラウンジです。

もうこの後は連れと合流して軽くご飯するだけなので時間まで飲み続けて出来上がり

ましょう。

 

セントレアのカードラウンジの訪問記は ↓ を見て下さい。

ea11r-cappuccino.hatenablog.com

 

以上、1日目は名古屋泊となります。

ここセントレアでは空港建物内にカプセルホテルがありますので本日は

そこで宿泊となります。

面白い出来事が何も起こらないので淡々とした搭乗記になっていますが・・・

まだつづきます。

 

Ryuでした。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村